2010年07月22日

次にむかって種をまく時

晴れ全国ほとんどのお教室で夏期講習に入られたことと思います。室内と外の温度差が大きいですから、本当に体調にはお気をつけ下さい。長時間の授業の間に体が冷え切ってだるく重くなりましたら、やはりお風呂に長くつかって温めるのが一番だそうですから、お試し下さい。

ぴかぴか(新しい)当方も本日が夏期講習初日、とりあえず前期最終の8月9日のテストまで無事に催行できますよう祈る気持です。ただ営業企画におきましては、新学期、さらには来年度を見据えての計画と確実な実行が求められます。本日も検定キャンペ−ンにつきまして2つのお教室から立て続けにお問い合わせがありました。多くの収穫を得るためには当然、マ−ケットをしっかり耕し、肥料を与え、種をまくことが重要です。塾の営業戦略においての耕し、肥料、種になるものとは何であるのか?…各お教室の性格、特徴、対象などによってそれぞれ異なると思います。いずれにしましても、今日種をまいて、明日に収穫!!は無いということは確かです。

わーい(嬉しい顔)花が咲き、結実するまでには時間がかかります。その意味では学習や入試と同じですね。その瞬間には利益もなく、一見無駄に思える企画や宣伝も、それが地域の生徒や保護者様に喜んで頂け、役に立つことならば、それは必ず収穫できる時がきます。ただ経営ですので、その収穫時期にある程度の見込みは必要ですね。
posted by COSMO Vespucci at 18:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39762354
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

75日で1ランク上の高校に合格した学習法
Excerpt: 75日あれば、どんなお子様でも 公立【第一志望校】へ逆転合格することは可能です...
Weblog: 教えてあげたい
Tracked: 2010-07-23 15:10